NISHIBIZ

・JDLA G検定 2021 #3 合格者
・令和3年度 中小企業診断修得者
記事は資格取得情報(ディープラーニング検定と中小企業診断士試験)他、
エンタメ(音楽・アニメ・テレビ)と時事/雑学。
Apple Musicを愛用。NISHIBIZでプレイリスト「私的ベスト」検索。
音楽の嗜好はエレクトロ/エモ

G検定

2021年第3回G検定 振り返り 第13問(過学習)

2021/12/19  

シラバス分野:ディープラーニングの手法 過学習からの出題です。 過学習とは 学習に用いたデータに関しては予測精度が高いにもかかわらず、未知のデータに対しては予測精度が低いままである状態のこと。 誤差で ...

G検定

2021年第3回G検定 振り返り 第12問(パルス符号変調で行われる処理)

2021/12/19  

(出典:はいぱーワークブック 情報の理解と活用 18.6.2デジタル・アナログの変換と音声の符号化) シラバス分野:ディープラーニングの手法 音声処理からの出題です。 音声処理 音声処理は、画像、自然 ...

時事/雑学

男の価値は、外見が9割 ~となりのアイツに差をつけるのは意外に簡単~

2022/1/2  

ファッションに気をつかうと、いいことたくさんあります。 私の場合、 服でテンションあげて、その日をノリノリですごす。 加えて、まわりの女子に「ニシビズさん、お洒落~」と思ってもらえたら最高 てなことを ...

診断士2次

事例Ⅲ 第5講 段取改善

2021/12/20  

段取改善には、どのような効果があるか 段取改善により、機械のムダな停止時間が少なくなるので、2つの大きなメリットが実現する。 機械設備の稼働率が向上する。 生産リードタイムの短縮が図れる。 これにより ...

診断士2次

事例Ⅲ 第4講 マン・マシン・チャート

2021/12/20  

マン・マシン・チャートとは 作業者と機械が協働する作業において、生産性向上を目的として作成する図表のこと、である。 作業者と機械が協働する作業の例として、マシニングセンタを用いた機械加工がある。 マシ ...

診断士2次

事例Ⅲ 第3講 標準化⇒計画

2021/12/18  

生産現場と生産管理の連動 モノづくりには、「生産現場」と「生産管理」の連動性が重要 ← (試験委員)木内正光先生の著書より 連動性を高める軸となるのが”標準”である。 生産現場の改善活動 生産現場で改 ...

診断士2次

事例Ⅲ 第2講 生産現場

2021/12/12  

生産現場の定義 加工が行われる現場のこと。作業場 生産現場は、企業の収益性に直接貢献する。 しかし次に述べる問題点から、生産現場では収益性が軽視されがちである。 現場作業者と経営側の意識の違い 現場で ...

診断士2次

事例Ⅲ 第1講 中小企業の「生産・技術」で考えるべきポイント

2021/12/12  

中小企業の生産に求められることは? 中小企業の生産に求められること 顧客の期待するQCDを満たす製品の生産 そのために必要なのは、「生産現場」と「生産管理」の連動性の強化 生産現場と生産管理の連動性の ...

G検定

2021年第3回G検定 振り返り 第11問(RAINBOW)

2021/12/11  

シラバス分野:ディープラーニングの手法 深層強化学習からの出題です。 Q値 2021#3 第8問 強化学習の続きになります。 強化学習は、累積報酬を最大化するような行動を学習していく、のを目的としてい ...

G検定

2021年第3回G検定 振り返り 第9問(知識ベース、推論エンジン)

2021/12/11  

シラバス分野:人工知能をめぐる動向 エキスパートシステムからの出題です。 エキスパートシステム 1980年代後半に訪れた第2次AIブームでは、エキスパートシステムによる人工知能が台頭。 人工知能の歴史 ...